関連記事

  1. トップページ
  2. 関連記事

2013年9月1日 本願寺新報

2013年7月20日に開催されました国内シンポジウム「日本仏教に未来はあるか」が本願寺新報(2013年9月1日)に「まず、僧侶自身が明確な自覚を」という見出しで紹介されました。

2013年8月14日 毎日新聞

本学名誉教授・BARC研究員の中村尚司氏に関する記事が、「ひと:中村尚司さん=民際学を提唱する経済学者」という見出しで毎日新聞(2013年8月14日)に掲載されました。

記事では、中村氏の提唱する民際学の内容とその成果、中村氏が行っているサハリン残留韓国人や野宿者などに対する支援活動、2013年度(第28回)大同生命地域特別賞の受賞などが紹介されました。

2013年7月27日 中外日報

2013年7月20日に開催されました国内シンポジウム「日本仏教に未来はあるか」が中外日報(2013年7月27日)に「次代担える人材育養成 子弟教育の質向上を」という見出しで紹介されました。

2013年7月23日 毎日新聞

中村尚司氏(龍谷大学名誉教授、BARC研究員)の、2013年度(第28回)大同生命地域特別賞受賞について、毎日新聞(2013年7月23日大阪版夕刊)に「大同生命地域研究賞 民博の田辺名誉教授」という見出しで紹介されました。

2013年6月8日 文化時報

2013年6月1日に開催されました国内シンポジウム「躍動する仏教系NGO」が文化時報(2013年6月8日)に「仏教NGOの活動は」という見出しで紹介されました。中村尚司先生(龍谷大学名誉教授、BARC研究員)のコメントも掲載されました。

2013年6月6日 中外日報

2013年6月1日に開催されました国内シンポジウム「躍動する仏教系NGO」が中外日報(2013年6月6日)に「もっと仏教を世界に発信」という見出しで紹介されました。中村尚司先生(龍谷大学名誉教授、BARC研究員)のコメントも掲載されました。

2013年6月2日 京都新聞

2013年6月1日に開催されました国内シンポジウム「躍動する仏教系NGO」が京都新聞(2013年6月2日)に「仏教系NGOの役割を探る」という見出しで紹介されました。中村尚司先生(龍谷大学名誉教授、BARC研究員)のコメントも掲載されました。

2013年5月25日 中外日報

2013年5月18日に開催されました2013年度第3回全体研究会「アジアで活躍する仏教指導者」(第2回)が中外日報(2013年5月25日)の1面に「台湾では尼僧が重要な位置」という見出しで紹介されました。桂紹隆センター長のコメントも掲載されました。

2011年12月24日 毎日新聞

2011年12月11日に開催されました国際シンポジウム「世界遺産バーミヤン遺跡の現状と未来」が、毎日新聞京都面(2011年12月24日)で「世界遺産バーミヤン遺跡の現状と未来 」という見出しで紹介されました。入澤崇先生(龍谷大学)のコメントも掲載されました。

2011年2月27日 京都新聞

2011年2月26日、龍谷大学大宮学舎において開催された第2回国内シンポジウム「中央アジアにおける仏教と異宗教の交流」が、京都新聞(2011年2月27日)に「マニ教宇宙図読む 仏教との類似点考察」という見出しで紹介されました。吉田豊先生(京都大学)、宮治昭先生(龍谷大学)の発表が紹介されています。

2011年2月17日 中日新聞

2011年2月14日に開催されました「ブータン王国ケサン王女殿下記念講演会」が、中日新聞(2011年2月17日)で「ブータンに学ぶ幸せ」という見出しで紹介されました。三谷真澄先生(龍谷大学)のコメントも掲載されました。

2010年12月22日 京都新聞

2010年12月21日に開催されました2010年度 第4回 ユニット2研究会「文化財がつなぐ仏教アジア」が、京都新聞(2010年12月22日)で「文化財から仏教考える」という見出しで紹介されました。報告者である、オマラ・ハーン・マスーディ氏(アフガニスタン国立博物館館長)と樊錦詩氏(中国敦煌研究院院長)のコメントも掲載されました。

  • 1

龍谷大学