公募研究

  1. トップページ
  2. 公募研究

当センターでは、毎年度、研究計画に応じた募集テーマを設定し、本プロジェクトに対して研究面で貢献できる公募研究(員)を年度ごとに三名ないし四名募集しています。公募研究員には、本プロジェクト主催の研究会などの場における、少なくとも一度の研究活動成果の発表と、研究期間終了後の研究論文の提出を義務として課しています。これまでの公募研究員とその研究テーマ等は下記のとおりです。

2013年度

タイ仏教徒による環境保護運動の実態とその語られ方―エンゲイジド・ブディズムの現代的意義をめぐる基礎研究―(2013年度)

 仏教思想が自然環境保護に役立ちうることは、以前より唱えられてきたことである。この研究が成熟期を迎えた1990年代には、タイ仏教の僧侶が僧衣を木に巻きつけて...

敦煌における石窟の宗教的機能と図像表現(2013年度)

 本研究は、敦煌地域の石窟の内部を宗教的空間ととらえ、各窟内を荘厳する仏像や壁画の主題がどのような意図によって選択され、窟内に配置されているかを解き明かすこ...

北朝~隋における民衆仏教と地域社会 ―山西省運城市出土の仏教石刻を用いて(2013年度)

   本研究は、中国北朝後期、東西政権の境界地域で生きる民衆が、その苦難の状況下において、仏教と如何に関わったのか、そしてその関わりによって如...

2012年度

生き神クマリ信仰からみるネパール仏教 (2012年度)

ネパールは仏教の開祖釈尊のふるさとであるが、現在では仏教徒が少数派となり、人口の大半はヒンドゥー教徒である。一方で、仏教文化はネパールを代表する宗教文化の一...

亡命チベット人社会における仏教と平和思想―その現状について (2012年度)

「チベット問題」に対するダライラマ及び亡命チベット政府の手法は、仏教思想をもととした非暴力主義によるものとして知られている。そしてそれは亡命チベット人のあい...

日本近代における南都仏教研究のあゆみ (2012年度)

日本近代における仏教史研究は、1894年(明治27)に村上専精が鷲尾順敬らとともに創刊した『仏教史林』からはじまる。本誌の目指すところは、村上が創刊号に寄せ...

宗教的寛容と共存の可能性―タイ国南部の現状を中心として (2012年度)

近年、タイ国南部で深刻な社会問題が起きている。それは、イスラム教徒と仏教徒の宗教的・民族的対立である。問題解決に向け、仏教徒側から働きかけをすることが必要で...

2011年度

日本仏教史における法然浄土教の意義 (2011年度)

「仏教の現代的可能性」を考えるということは、仏教史研究者にとって必須の命題である仏教の本来性をあきらかにすることと表裏の関係にある。本研究はこの点に注意を払...

多様な中央アジア仏教におけるトカラ仏教の位置づけ (2011年度)

本研究は、19世紀末以降、日本を含む欧州各国によって派遣された中央アジア探検隊が齎した写本から知られる事となったトカラ語文献を研究対象とする。トカラ語とは印...

インド仏教復興運動におけるエンゲイジド・ブッディズムの役割 (2011年度)

インドにおける多様なエンゲージドブッディズムとダリッド仏教の展開について研究を進めたい。特に、10月にブッダガヤで開かれるINEB(Internationa...

現代上座仏教における儀礼の研究
-バングラデシュ、アラカン地方を中心として (2011年度)

今回の研究では現代の上座仏教を対象にしてその儀礼を中心に現地調査を行いたい。その調査地域はバングラデシュ南東部を中心にミャンマーのラカイン州国境付近までとし...

2010年度

日本文化史における近代仏教の意義 (2010年度)

近代日本の仏教は、仏教の本来性に基礎付けられた新たな文化創造とは反対の役割、つまりは天皇制国家への従属および既存の雑居性・閉鎖性・排他性を特質とした文化への...

インド東部・オリッサ州の仏教徒コミューニティについて―ヒンドゥーとの関わりを中心として  (2010年度)

本研究では、12世紀以降のオリッサの歴史を記録する年代記『マーダラー・パンジ』に対する文献学的研究を通じ、オリッサの仏教徒の歴史を解明する。さらに、オリッサ...

次世代育成を目指す仏教施設の役割・意味・ネットワーク調査研究  (2010年度)

1956年の集団改宗挙行以降、インドにおける仏教徒運動は、当事者による仏教への改宗といった短期的かつ直接的な行動が注目されるが、一方で、改宗後の信仰維持や仏...

仏教と日本文化―日本文化のもつ仏道的価値とその現代的意義  (2010年度)

本研究の目的は、日本文化・芸術のもつ仏道的価値について吟味し、ひいては仏教(特に禅)が日本文化の形成に果たした役割を明らかにすることである。日本文化の原点に...

龍谷大学