スケジュール

  1. トップページ
  2. スケジュール
  3. 2014年度 国際シンポジウム 「日本仏教のゆくえ―その可能性」
    Day1「日本仏教はいかにあるべきか―アジアの中の日本仏教」
05_シンポジウム 終了しました

2014年7月 5日(土曜日)

2014年度 国際シンポジウム 「日本仏教のゆくえ―その可能性」
Day1「日本仏教はいかにあるべきか―アジアの中の日本仏教」

龍谷大学アジア仏教文化研究センター(BARC)
2014年度 国際シンポジウムを以下のとおり開催いたします。
みなさまご出席賜りますようご案内申し上げます。
 
 
2014年度 国際シンポジウム「日本仏教のゆくえ―その可能性」
 
会場  龍谷大学大宮学舎 清和館3Fホール
 
Day1 2014年7月5日(土)
 
「日本仏教はいかにあるべきか―アジアの中の日本仏教」
 
総合司会:岡本健資(龍谷大学政策学部講師)
 
13:00-13:10 開会の挨拶および趣旨説明:桂 紹隆(龍谷大学文学部教授,BARCセンター長)
 
13:10-14:00 釈ボディダルマ禅士(全インド仏教青年連盟会長)
         「インドからみた日本仏教」
 
14:00-14:50 スマナサーラ長老(日本テーラワーダ仏教協会)
         「社会が必要とする宗教」
 
14:50-15:00 休憩
 
15:00-15:50 今枝由郎(元フランス国立科学研究センター研究ディレクター)
         「日本仏教の特異性」
 
15:50-16:40 釋 恵敏師(法鼓仏教学院学長)
         「生命から環境へのスピリチュアルな発達
          ―四無量心に基づいた日本仏教のはかり知れない可能性」
 
16:40-16:50 休憩
 
16:50-18:20 パネル・ディスカッション「日本仏教はいかにあるべきか」
 
司会            :若原雄昭(龍谷大学文学部教授,BARCユニット1リーダー)
コメンテーター:佐藤智水(龍谷大学客員教授,BARCユニット3リーダー)
        中村尚司(龍谷大学人間科学宗教総合研究センター・研究フェロー,
             特定非営利活動法人JIPPO専務理事)
        三谷真澄(龍谷大学国際文化学部教授)
        倉本尚徳(台湾中央研究院歴史語言研究所助研究員,2010〜2013年度BARC博士研究員)
 
 
 
 

龍谷大学