研究成果

研究成果

2018年度(No.10)  井上綾瀬「律文献にみられる薬について―塩を一例として―」『2018年度研究報告書』147-165頁

No.18-10.pdf

2018年度(No.9)  安藤徳明「タイの仏教寺院における社会福祉活動の実態に関する定量的検証―チェンマイ県の寺院に対する質問紙調査から―」『2018年度研究報告書』127-145頁

No.18-9.pdf

2018年度(No.8)  後藤康夫「東アジアにおける因明論義展開の起点としての『因明入正理論』について―附:興聖寺本翻刻―」『2018年度研究報告書』95-125頁

2018.2-3-1.pdf

2018年度(No.7)  藤能成「韓国・比丘尼の社会活動・比丘尼組織の活動に関する調査報告(2)」『2018年度研究報告書』87-93頁

No.18-7.pdf

2018年度(No.6)  三谷真澄「大谷光瑞師の思想と事業~その歴史的意義の再検証に向けて~大谷光瑞師遷化70年記念事業を中心として」『2018年度研究報告書』77-86頁

No.18-6.pdf

2018年度(No.5)  高田信良「多文化他宗教世界における宗教間対話と日本仏教の可能性」『2018年度研究報告書』57-76頁

No.18-5.pdf

2018年度(No.4)  中西直樹「本願寺派の台湾布教概史」『2018年度研究報告書』45-55頁

No.18-4.pdf

2018年度(No.3)  嵩満也「The Bijou of Asia 第1通を読み解く」『2018年度研究報告書』37-43頁

No.18-3.pdf

2018年度(No.2)  藤丸要「日本における華厳教学の展開」『2018年度研究報告書』166-186頁

No.18-2.pdf

2018年度(No.1)  高田文英「『教行信証』報化二士の引文とその背景―懈慢界説の歴史的帰趨」『2018年度研究報告書』187-214頁

No.18-1.pdf

  • 1

このページのトップへ戻る